村田諒太VSロブ・ブラント
村田諒太VSロブ・ブラント

2019年7月12日…エディオンアリーナ大阪で、WBA世界ミドル級4位村田諒太(33=帝拳)が、ベルトを奪われたWBA世界ミドル級王者ロブ・ブラント(28=米国)とのリマッチが行われます。

村田諒太VSロブ・ブラント

村田諒太VSロブ・ブラント

ロブ・ブラント(28歳)村田諒太(32歳)
WBA世界ミドル級王者WBA世界ミドル級4位
出身:アメリカ出身:日本
26戦25勝(17KO)1敗16戦14勝(11KO)2敗
身長:182cm/リーチ:179cm身長:183cm/リーチ:184cm
右ボクサー・ファイター右ファイター

 

第一戦で、単発ブローコンビネーションの無さを見事につかれてしまい、手数の多いブラントに完封されてしまった村田諒太…。

村田が774発の手数を出し、的中が180発。一方ブラントは、1262発の手数を出し、的中が356発。

数字が示すように完敗でした。

 

正直再戦しても厳しいだろうと予想してしまいます。

 

しかし、今回はトレーナーも変えスタイルも一新し挑むとの事!

アマ時代の村田のスタイルに、今のスタイルを融合さした感じになるのでは?もしかして勝てるかも?と期待感も若干あります。

 

ただ、やはり‥村田諒太の判定負けが濃厚でしょうね💧

ブラントのコンビネーション、サークリング、さらにブラントは防いですぐ打ち返してきます。

被弾覚悟で打ち合いを挑まねば前回と同じ結果になるでしょう。

今回村田に求められるのは…覚悟

気迫で相手を飲み込み前に出て、恐怖心を持たすことが重要なキーポイントとなりそうです。

もちろん、被弾するという事は‥KOで負ける可能性も高くなります。

 

しかし、打たれなくても手を出さなければ勝利はありません。被弾覚悟で前に出て、ブラントに恐怖心を与え、前回の様な手数を出させないことができるかどうか?

負ければ引退…村田諒太の覚悟に期待しましょう。

 

当サイトでは、試合当日リアルタイムで更新し、試合結果を速報でお伝えしていきます。

村田諒太VSロブ・ブラント

ブラント村田
1R910
2RKO勝ち

1R

開始早々ブラントが攻める、ペースを取りに来た!激しい打ち合い!手数はブラント!一撃の威力は村田!終盤村田のストレートがクリーンヒット、村田のラウンド。でも微妙。

2R

村田の猛攻!ブラントダウン!立ち上がるもガードを固めデフェンシブ、ダメージは明らか!村田もスタミナ切れも、右フックから左、右フックが入ったところで審判がストップ!

試合結果

村田諒太、2RTKO勝ち!

魂の攻撃で見事にリベンジを果たしました。しかし‥2R倒しきれなかったらどうなったかな?

村田の課題はスタミナ、あの攻め方で後半まで落ちないスタミナがあったら面白い!

勝ち続ける為にさらなる精進を期待!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事