吉野修一郎 VS 伊藤雅雪 試合結果速報!
吉野修一郎 VS 伊藤雅雪

東洋太平洋、WBOアジアパシフィック・ライト級タイトルマッチ12回戦

吉野修一郎
VS
伊藤雅雪

吉野修一郎 VS 伊藤雅雪

吉野修一郎 VS 伊藤雅雪

 

試合結果は…
吉野修一郎の
負傷判定勝利

106-103
107-102
107-102

いごっそう612
観るためにAmazonプライム加入しました。
試合結果を速報しました。
吉野のスタミナ凄かったです。

 

東洋太平洋・WBOアジアパシフィック・日本ライト級王者・アジア3冠王者である吉野修一郎(30=三迫)が、元WBOスーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(30=横浜光)の挑戦を受ける。

戦績は吉野が14戦全勝(11KO)、伊藤が27勝(15KO)3敗1分け。

 

実はこの試合、村田諒太(帝拳)VSゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)より面白いのでは?
と思っています。

正直、村田VSゴロフキンは結果が見えている…。

 

だからこそ応援という気持ちはあるが、どちらが勝つか?といったわくわく感はない。

しかし、吉野修一郎VS伊藤雅雪はそういったわくわく感があるのである。

吉野が勝って世界に行くのか?それとも伊藤が復活するのか?

いごっそう612
めちゃくちゃ楽しみです。

 

WBA&IBF 世界ミドル級王座統一戦 ゲンナジー・ゴロフキン vs 村田諒太

広告

吉野修一郎 VS 伊藤雅雪

吉野伊藤
1R109
2R109
3R910
4R910
5R109
6R910
7R109
8R109
9R109
10R109
11R109
12R
合計107102

いごっそう612の採点です。

1R

両者ジャブの差し合い、ジャブは吉野の方が上か?じりじりと前に出る伊藤、足を止めて打ち合う吉野、近い中間距離での打ち合い、五分五分の立ち上がり

2R

2Rは激しい打ち合い、伊藤が鼻から出血、両者パンチ当たっているけど、吉野のパンチの方がクリーンヒットしている。ボディもクリーンヒット、吉野のラウンド。

3R

伊藤がぐいぐい前の出る、吉野は迎撃態勢、伊藤が吉野のカウンターにカウンターを合わせヒット、右ストレートもヒット、伊藤のラウンド

4R

両者激しい打ち合い、甲乙つけがたい展開、伊藤の右ストレートを取って、伊藤、後悔採点38-38×2 39-37吉野

5R

伊藤がぐいぐい前に出て詰める。しかし、吉野がペースアップして攻める。吉野の手数が多い、伊藤は疲れてきたか?

6R

伊藤が超接近戦を挑んでくる、前半伊藤のアッパー接近戦がさえる。後半は吉野がクリーンヒット。難しいラウンド。吉野の方が余裕はありそう。

7R

伊藤の鼻からの出血がひどい、吉野が前の出て、リング中央で押し合い、伊藤は手数が減ってきた。吉野は手数で押し返す。

8R

伊藤が前に出る、しかし吉野が手数で迎撃、左目じりを伊藤がカット、伊藤苦しそう。後悔採点76-76 77-75×2吉野

9R

吉野のスタミナが落ちない、伊藤も単発でクリーンヒット見せるが、徐々に吉野の手数に押されている。ぼちぼち伊藤が倒れそうだ。

10R

吉野が伊藤を攻め立てる。伊藤も決死の防衛、頑張ってはいる。しかし、吉野のパンチで再々顎が上がる。吉野のラウンド

11R

吉野が攻める。伊藤は体で押し込んで防ぐ。バッティングで一回ストップ。伊藤はもう顔がボコボコ‥‥。左目の上が大きく切れている。ストップ、負傷判定

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事