井上尚弥 VS エマヌエル・ロドリゲス
井上尚弥 VS エマヌエル・ロドリゲス

いよいよWBSS準決勝、井上尚弥 VS エマヌエル・ロドリゲスの試合が行われます。

TV放送はWOWOWプライムにて2019年5月19日(日)午前4時30分頃に独占生中継!

井上尚弥 VS エマヌエル・ロドリゲス

いごっそう612
もちろん起きて観ます!リアルタイム速報期待してください!

井上尚弥  エマヌエル・ロドリゲス 比較

井上尚弥(26歳)名前/年齢エマヌエル・ロドリゲス(26歳)
モンスターあだ名MANNY・カリブの至宝
日本出身国プエルトリコ
165センチ/171センチ身長/リーチ168センチ/169センチ
右ボクサーファイター型スタイル右ボクサーファイター型
17戦全勝(15KO)戦績19戦全勝(12KO)
81戦75勝(48KO)6敗アマチュア戦績182戦171勝11敗

井上尚弥  エマヌエル・ロドリゲス WBSS準々決勝 試合動画

井上尚弥 VS ファン・カルロス・パヤノ

エマニュエル・ロドリゲス VS ジェイソン・モロニー

試合予想

ついに「和製モンスター」、WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=日本)と、カリブの至宝、IBF同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)が王座統一戦で拳を交える…。

エマヌエル・ロドリゲスは、ハッキリ言って強い!

スピードもパンチも技術も兼ねそろえた万能型の選手、背も一回り大きい、井上尚弥にとって過去最強の相手となるでしょう…。ボクシングの雰囲気は若い時のミゲール・コットに似てますね。

しかし、それでも全てにおいて井上が一歩上を行く印象、パンチ力に関しては2枚も3枚も井上の方が上だと思われます。

試合予想をズバッとするなら…

井上尚弥のKO勝ち!

終盤まではもつれないでしょう、流石に1RKOとは行かないでしょうが、序盤~中盤にそのKOシーンは訪れるのでは無いだろうかと予想します。

序盤は静かな立ち上がりになる気がします。ロドリゲスのカウンターも警戒するでしょうから、井上もそうガンガン攻めれない、しかし、ロドリゲスは攻撃を重視しているせいか、ステップで避けるという動きが少なく、ブロッキング、ウィ―ビングで避けようとします。足も使える井上の方が攻撃、防御に引き出しが多い印象です。

井上の破格のパンチ力はガードの上からでも効きますし、ブロッキングで防ぎガードが崩れたところにパンチがヒットする可能性は高いでしょう。しかも、ロドリゲスは案外パンチももらいます。ジェイソン・モロニー戦で弱さも感じました。ボディブローは特に効果的な気がします。身長もあるので減量もキツそうです。まともに井上のパンチを受けてしまえば倒れるでしょうね。

ロドリゲスの攻撃力も侮れませんが、引き出しが多い分、井上尚弥が有利でしょう。

海外のオッズも5対1で井上有利と出ています。

 

僕は、井上尚弥のKO勝ちを予想しますが、ロドリゲスは侮れない相手です。井上尚弥がKOで負ける可能性も十分ありえます。

いごっそう612
序盤は緊張感漂う展開になりそう~。試合当日が楽しみです!

 

試合前にはロドリゲス陣営が敵情視察に来た井上尚弥の父である真吾氏突き飛ばすというヒートアップする瞬間もあり

二人のフェイスオフにも緊張感が…

これは、両者熱のこもった戦いになりそうです。

※当ブログでは試合当日にリアルタイムで1R事に試合結果を配信していきます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事