井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン
井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン

2019年大晦日に行われるWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦

井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン

井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン

井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン

 

WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(30)が、指名挑戦者で同級1位のジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=と対戦する防衛戦の結果をお送りします。

両者ハイレベルのテクニシャン対決!

井岡一翔はアストン・パリクテとの試合で進化を見せ、ジェイビエール・シントロンは江藤光喜をテクニックで完封しています。

いごっそう612
予想は難しいけど、攻撃的になった井岡の判定勝ちかな?

井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン

井岡シントロン
1R910
2R910
3R109
4R109
5R109
6R109
7R910
8R910
9R109
 10R109
11R109
12R910
115113

いごっそう612の採点です。

1R

井岡が前に出る、両者様子見、シントロンの距離が長い!井岡のボディがヒット、シントロンの左がクリーンヒット!

2R

井岡が前に出てプレッシャーをかけるが、シントロンが井岡の入り鼻にワンツー、左ストレートをヒットさせる、井岡も前に出てパンチを当てるが、シントロンの方がパワーもあり印象が強い。

3R

井岡がプレスを強める、少し距離が近づき井岡のパンチも当たりだす、この距離なら井岡は優勢に戦える。井岡のラウンド。

4R

井岡のボディが当たりシントロンが嫌がる様な動き、しかしシントロンのパンチも当たり、紙一重‥。井岡が積極的に攻め井岡のラウンド。

5R

井岡がプレスを強める、シントロンの左がクリーンヒットするもガードを下げながら前に出る余裕、意外にシントロンのパンチは軽いのかも?井岡のラウンド。

6R

井岡が前に出てシントロンが防衛する展開、シントロンはクリンチが増えてきた。しかし、パンチも当たってる微妙な感じだが、井岡のラウンド。

7R

井岡が前に出て、シントロンがサークリングする展開、シントロンは完全にアウトボクシング。両者パンチが当たりにくい展開。微妙。

8R

シントロンは徹底したアウトボクシング、遠くからパンチを打ち近づいたらクリンチ、井岡はやりにくそう‥。単発だがシントロンのパンチが当たっている。

9R

井岡が下がるシントロンを追いながらパンチを当てる、ボディ攻撃も強め、シントロン防戦一方で手数が出ない。井岡のラウンド。

10R

序盤シントロンが手数を増やして攻勢、しかし中盤以降井岡が前に出て泥臭くパンチを当てる、シントロンも徐々にダメージ蓄積、後半は井岡の攻勢が目立つ。

11R

テーピングを露骨に外し、巻き直す時間を稼いで休みシントロン、シントロンは露骨に疲労がうかがえるが、井岡もパンチが当たらない。後半攻勢に出る井岡、井岡のラウンドか?

12R

またまた露骨なテーピングまき直しで時間を稼ぐシントロン、審判減点しろよ。クリーンヒットはシントロン、前に出るのは井岡。採点は微妙。

公式採点結果

井岡一翔 VSジェイビエール・シントロン結果は…
井岡一翔の判定勝ち
116-112
116-112
115-113
3-0の判定です。

いごっそう612
難敵に勝った井岡一翔おめでとうございます!シントロンは上手いし、やりにくかった💦
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事