井上尚弥 VS ドネア 試合結果速報!
井上尚弥 VS ドネア

WBA・IBF・WBC 世界バンタム級王座統一戦

WBA・IBF王者
井上尚弥
vs
WBC王者
ノニト・ドネア

井上尚弥 VS ドネア

井上尚弥 VS ドネア

 

試合結果は

井上尚弥の2RKO勝ち!

いごっそう612
井上尚弥強すぎです。

 

2019年11月以来、2年7か月ぶりの対戦となる両雄。

井上は「ワクワクしている、こうして3本のベルトが並ぶとモチベーションは高くなる。どんな戦いになるか、みんなが楽しみにしていると思う」と話し、ドネアは「コンディションには何の問題もなく、自信にあふれている」と答えた。

ともに4団体統一を目指す。ドネアは「キャリア最大の一戦となる。4団体統一という目標に近づくためにも大事な試合となる」と言い、井上も「4団体統一という目標に向けて通過点しかない」と言葉に力を込めた。

 

井上は前回、2Rに右目の眼窩底骨折があり、片目をガードしながら戦った。

11Rにボディでダウンを奪うも、何度もドネアのパンチをもらい12Rを通しての激闘だった。

再びまた激闘となるのか、それとも早い段階でKO勝ちし、通過点に過ぎない内容となるのか。

 

広告

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上ドネア
1R108
2RKO勝ち

いごっそう612の採点です。

1R

ドネアが早々に左フック、井上に軽くヒット、両者高い集中力、ドネアがじりじりと前に出る、井上はジャブで迎撃、終盤井上の左フェイントにドネアが引っかかり、カウンターを合わそうと右にダックしカウンターを狙ったところに、井上のドンピシャ右ストレートがヒットでドネアがダウン、立ち上がるも意識がぼんやり、開始後ゴングで生き延びた。

2R

井上の左フックでドネアがふらつく、ドネアも耐えて身体で押していく、打ち合いの最中井上の左フックでドネアがふらつく、さらに井上の追撃右ストレート、左フックついに井上の猛攻に耐えきれずドネアがダウン、そのまま審判が止めた。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事