八重樫東 VS モルティ・ムザラネ
八重樫東 VS モルティ・ムザラネ

12月23日に横浜アリーナで行われる
IBF世界フライ級タイトルマッチ!

王者モルティ・ムザラネ(37=南アフリカ)と、挑戦者八重樫東(36=大橋)のIBF世界フライ級タイトルマッチの結果をお送りします。

モルティ・ムザラネ八重樫 東(やえがし・あきら)
1982年10月6日生まれ(37=南アフリカ)1983年2月25日、岩手県出身(36=大橋)
戦績:38勝(25KO)2敗戦績:28勝(16KO)6敗
身長:159cm、リーチ:175cm身長:160cm、リーチ:165cm、

いごっそう612
激闘王最後の戦い結果はいかに?

八重樫東 VS モルティ・ムザラネ

ムザラネ八重樫
1R109
2R910
3R109
4R109
5R910
6R910
7R109
8R109
9RKO勝ち

いごっそう612の採点です。

1R

八重樫相変わらずガードが低いフットワークでサークリング、ムザラネはガードを上げてスリ足で追いかける。互角の展開だが、下がっている八重樫の印象が悪いか?

2R

八重樫ガード低すぎ(笑)ほぼノーガード、ムザラネが前に出て圧力を強める。しかし、八重樫のカウンターからの攻めが良い。八重樫のラウンド。

3R

ムザラネが更に圧力を強める、流石に八重樫もガードを上げてきた。打ち合いになる。八重樫のコンビネーションも良いがガードの差があり、印象はムザラネ。

4R

打ち合いでハッキリとガードの差が出ている。八重樫が必死に攻めムザラネも苦しいが、打ち合いでガードの低い八重樫はポンチをもらった瞬間しっかりと分かる。ただボディが良い。

5R

八重樫頭から超接近戦!手数が凄い気持ちが強い!ムザラネも身体で押されやりにくそう、このまま泥試合展開に持ち込むべき!八重樫のラウンド。

6R

八重樫のリズムが良い、足も使い打ち合いも、ムザラネのうち終わりにパンチを合わすことも再々、強打も決まる。リズムが良い、良い戦い方、八重樫のラウンド。

7R

八重樫が前に出て攻める、しかしムザラネの連打がクリーンヒット、前に出て攻めるがムザラネのガードが堅い。

8R

ムザラネの連打をもらう八重樫、ボディがまともに入り八重樫失速…。ムザラネが倒しにきたが、何とか耐えきる。

9R

足を使い回復を狙う八重樫、ムザラネは余裕が出てきた。八重樫コンビネーションまともにもらいフラつく、必死の反撃するも、レフェリーが八重樫を抱きかかえストップ。正直ドランカー症状でてないか?もうこれで引退だろう‥。軽量級でこんな面白い試合をする選手はいない。激闘王ありがとうございました。

公式採点結果

八重樫東 VS モルティ・ムザラネ 試合結果は…
モルティ・ムザラネの9RKO勝ち

いごっそう612
残念な結果でした。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事