井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー
井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー

WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ

井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー

井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー

 

WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者
井上尚弥(大橋)

VS
WBA2位、IBF4位、WBO1位
ジェイソン・マロニー(オーストラリア)

 

試合結果は
井上尚弥の7RKO勝ち

 

バンタム級のWBAスーパー王座とIBF王座を持つ井上尚弥(27=大橋)が10月31日(日本時間11月1日)、アメリカのネバダ州ラスベガスで両王座の防衛戦

 

挑戦者はWBA2位、IBF4位、WBO1位にランクされるジェイソン・マロニー(29=オーストラリア)。

19戦全勝(16KO)の井上に対し、マロニーも22戦21勝(18KO)1敗。

 

マロニー健闘も、7R右クロスカウンターで井上尚弥の7RKO勝ちです。

井上尚弥 VS ジェイソン・マロニー

井上マロニー
1R109
2R109
3R109
4R109
5R109
6R108
7RKO勝ち

いごっそう612の採点です。

1R

両者スピードある、井上のジャブがガードの隙間からヒットしている。マロニーは相変わらずガードが高い。井上は逆に低い、井上のラウンド。

2R

井上が前に出る、マロニーは足を使いサークリングしながら反撃、徐々に井上の攻勢が強まり、マロニーのガードの隙間からパンチがヒット。井上のラウンド。

3R

井上がガンガン目に出る、マロニーは足を使いディフェンスで手がいっぱい、ただ上手いデフェンスは特に上手い。井上のラウンド。

4R

井上が前に出る、パンチも当たっているが被弾もあり、微妙だが井上のラウンド。解説西岡さんはモロニーにつける。

5R

モロニーが頭で押して接近戦になることも、モロニーだいぶ軽快になってきた。後半井上の右がヒット、井上のラウンドだが、試合は同じ展開で退屈。

6R

井上の左フックがカウンターでヒット、遂にダウン、モロニー足を使って逃げる。井上追撃もモロニー逃げ続けてゴング。

7R

モロニーが足を使ってデフェンシブに戦う、これは倒すの難しそう…。観客いたらブーイングものの試合だな。と思いきや終了間近に右クロスカウンターがクリーンヒットでモロニー立てず、KO勝利

公式採点結果

井上尚弥
VS
ジェイソン・マロニー井上尚弥の
7RKO勝ち

いごっそう612
井上尚弥の圧勝だけど、モロニーも健闘しました。

試合動画

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事