ワシル・ロマチェンコ VS テオフィモ・ロペス
ワシル・ロマチェンコ VS テオフィモ・ロペス

WBAスーパー、WBCフランチャイズ、IBF、WBO 4団体世界ライト級王座統一戦

 

世界ライト級3団体統一王者
ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

VS
IBF同級王者
テオフィモ・ロペス(米国)

試合結果は…

テオフィモ・ロペス
判定勝利
です。

テオフィモ・ロペス

テオフィモ・ロペス

 

ボクシングの4団体世界ライト級王座統一戦が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで行われ、IBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が、3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。

ワシル・ロマチェンコ VS テオフィモ・ロペス

ロマチェンコ ロペス
1R 9 10
2R 10 9
3R 10 9
4R 9 10
5R 9 10
6R 10 9
7R 9 10
8R 10 9
9R 10 9
10R 10 9
11R 10 9
12R 9 10
115 113

いごっそう612の採点です。

1R

1Rロマチェンコ様子見で手を出さない、ロペスも手数少ないがロペスのラウンド

2R

まだまだ様子見のロマチェンコ、ヒットは許さないが手数も少ない、終盤3連打がクリーンヒット。ヒット数でロマチェンコか?

3R

手数はロペスが多いが当たっていない、ロマチェンコは手数少ないがクリーンヒットしている。

4R

まだまだデフェンシブなロマチェンコ手数が少ない…大丈夫か?ロペスはパンチ当たっていないがプレッシャーをかけ続けている。

5R

先ほどと同じ展開ロマチェンコ大丈夫か?客が入ってればブーイングものだろう💦微妙にロマチェンコか?どっちとも言えない

6R

ようやくロマチェンコがジワジワ攻めだした、手数少ないがクリーンヒット多い。ロマチェンコのラウンド。

7R

ロマチェンコがプレッシャーを強めるが、ロペスのパンチもボディにヒット。ロペスのラウンド。

8R

ロマチェンコの上手さが光ったラウンド、勝負をかけてきたか?ロマチェンコのパンチがヒット、クリンチに逃げるロペスを再三ヒット。

9R

ロマチェンコが攻める、ロペスのアッパーも当たるがロマチェンコのヒットの方が有効。

10R

ロマチェンコが前に出ていく、ロペス必死の抵抗もロマチェンコラウンド。

11R

ロマチェンコの細かく速いパンチが再々ロペスを襲う、ロペス防戦一方になってきた。

12R

ロマチェンコが細かく速いパンチで攻める、ロペスも気合を入れて反撃、前に出て強打を振り回す。終盤右目上をカット、ロペスのラウンド。

 

公式採点結果

ワシル・ロマチェンコ
VS
テオフィモ・ロペス
試合結果は
119-109
117-111
116-112
テオフィモ・ロペスの3-0判定勝ち!

いごっそう612
馬鹿な!序盤は微妙なところあったけど、後半はロマチェンコのペースだった。
負けるにしろ、僅差のはず‥

 

ちなみに公式のジャッジスコアカードはこちら

疑惑の判定になりそうですね。

いごっそう612
再戦はありそうだな。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事