井上尚弥 VS ノニト・ドネア
井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

WBA、IBF同級王者の井上尚弥と、WBA同級スーパー王者のノニト・ドネアWBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチです。(2019年11月7日・さいたまスーパーアリーナで開催)。

井上尚弥 VS ノニト・ドネアリーナ

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

いごっそう612
ディフェンス力に勝る井上尚弥が有利でしょうが、ドネアはフェザー級で戦っていた選手、井上のパンチに耐えカウンターを狙える様ならドネアにも勝機はあると思います。

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上ドネア
1R109
2R109
3R109
4R910
5R109
6R109
7R910
8R910
9R910
 10R109
11R108
12R109
116111

いごっそう612の採点です。

1R

スゲー二人とも、井上尚弥もドネアも動きが良い、井上のパンチに再々ドネアがカウンターを合わす!井上の方がヒットが多いが、プレッシャーをドネアがかける。

2R

井上のパンチでドネアがふらつく、ドネアにパンチを打たす余裕を見せるが左フックをクリーンヒットでもらい出血!

3R

傷を警戒してかアウトボックスで対応する井上、ドネアは前に出て来て強打を放つ、しかし、井上のジャブが有効。

4R

終盤ドネアのカウンターがヒット、両者パンチが当たっている。

5R

井上のパンチが当たりだした、終盤ドネアにクリーンヒット、ドネアがぐらつく!ラッシュするもドネア耐える。今までの相手なら倒れてるよ。さすがフェザーでやっていた選手。

6R

両者パンチが当たるも、井上の方が印象が良い。ただクリーンヒットしてもドネアは倒れない。

7R

ドネアは老獪なボクシングを展開、井上もジャブを起点に手数が少ないラウンド、前半ドネア、後半井上、印象では井上が上。

8R

ドネアのパンチが再々クリーンヒット、出血が激しくなる。ダメージも感じられる。ハッキリとしたドネアのラウンド。このままいけばヤバい!

9R

ドネアのカウンターがついに炸裂、井上明らかに効いている。出血も激しくなり、井上ピンチ。なんとか凌いでラウンド終了。

10R

ドネアのプレスが止まらない、しかし井上アウトボクシングで上手く対応、後半まとめ打ちでドネアに効かす!

11R

井上が出てきた、右アッパーからの左ボディでドネアがついにダウン。

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

終わりかと思ったけど、続行~!ドネアの根性が凄い、必死にカウンターを狙う。一発ヒットで井上の動きも止まる!凄い攻防、井上倒して欲しいけど、ドネアは凄い。

12R

最後の攻防両者出てくる、井上にも疲労の色が見える。ドネアの一発も残っている、井上も強打で攻める、ラストドネアが強打で攻める。試合終了。間違いなく今年のベストパウトだろう。

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

 

公式採点結果

井上尚弥 VS ノニト・ドネア結果は…
116-111
114-113
117-109
井上尚弥の判定勝ち
井上尚弥 VS ノニト・ドネア

井上尚弥 VS ノニト・ドネア

いごっそう612
カットが無かったらもっと楽に戦えたろう。正直11Rのダウンが無かったらヤバかった💦ドネアの粘り打たれ強さが際立った試合。ベストのドネアだったから良かった。井上には課題も見え、さらなる飛躍を考えられるいい経験となった。海外の評価は落ちるだろうが、井上尚弥はこの試合を糧にまだまだ強くなるだろう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事