ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカー
ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカー

WBO世界バンタム級タイトルマッチ

王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)
VS
同級11位デューク・ミカー(ガーナ)

試合結果は…

ジョンリエル・カシメロ
3RTKO勝利
です。

ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカー

ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカーの試合で勝ったカシメロ

 

ボクシングのWBO世界バンタム級タイトルマッチが26日(日本時間27日)、米コネチカット州アンカスビルで行われ、王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、同級11位デューク・ミカー(ガーナ)に3回TKO勝ち、3度目の防衛に成功しました。

ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカー

カシメロ ミカー
1R 9 10
2R 10 8
3R TKO勝ち

いごっそう612の採点です。

1R

1R開始打ち合い、ブンブン振ってくるカシメロだがスピードは無い、しかしパンチは重そう…。ガード固めたデューク・ミカーのジャブが時折ヒット、カシメロの強打で強引に行くが、デューク・ミカーも強打で返し、終盤右ストレートがカシメロにヒット、デューク・ミカーのポイント。

2R

開始早々、カシメロが連打で攻め立てる一発一発が重そうで破壊力ありそう、しかし…デューク・ミカーの反撃で被弾もしている。井上相手に被弾したら終わりだぜ。前にでるデューク・ミカーだが、カシメロの強打の左フックがヒット、返しの右フックはガードしたがそのままダウン、明らかに効いている。連打で攻め立てるカシメロ、足元がふらふらしながらも、粘るデューク・ミカーは自身のパンチで倒れるほど足がおぼつかない。しかし、カシメロは倒しきれずゴングへ

3R

カシメロが仕留めに来る、左アッパーから右アッパーがヒット、デューク・ミカーがフラついたところでレフリーが試合をストップしました。

 

 

公式採点結果

ジョンリル・カシメロ VS デューク・ミカー
試合結果は
ジョンリル・カシメロの3RTKO勝ち!

いごっそう612
カシメロはスピード無くて、デフェンスイマイチだけど、パンチが重くパワーが凄い!

 

3回TKO勝ちを決めたカシメロは
方腕立てをリングで披露し余裕をアピール…。

この投稿をInstagramで見る

 

Casimero vs. Michah starts the night with a BANG 💥 Order #CharloDoubleheader: sho.com/CharloPPV

SHOWTIME Boxing(@showtimeboxing)がシェアした投稿 -

「俺は真のモンスターだ。ナオヤ・イノウエは俺に怖気づいている」と井上を挑発している。

井上とのハードパンチャー対決が待ち遠しい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事