エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ
エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ

前IBFバンタム級王者、WBCバンタム級4位
エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
VS
前WBAバンタム級暫定王者、WBAバンタム級1位
レイマート・ガバリョ(フィリピン)

エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ

エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ

 

試合結果は
レイマート・ガバリョの判定勝ち

 

ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が、2020年12月19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が、WBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)に1-2で判定負けを喫した。

終始前に出て攻めたガバリョに対し、的確なカウンターで迎え撃ったロドリゲスの勝利と思われていただけに、疑惑の判定と言われ物議を醸し出しています。

米メディア「ボクシングシーン.com」では、「地元の視聴者とショータイムの中継チームにとって、ロドリゲスは余裕で勝利したものと思われていたが、あまりに疑問の残る12回判定負けとなった」と指摘している。

いごっそう612
本当に疑惑の判定だったんか、僕も採点をしてみました。

エマヌエル・ロドリゲス VS レイマート・ガバリョ

ロドリゲスガバリョ
1R109
2R910
3R910
4R109
5R109
6R910
7R910
8R910
9R109
10R109
11R109
12R109
115113

いごっそう612の採点です。

1R

ガバリョが積極的に前に出て攻める。ロドリゲスはカウンター狙いか?ロドリゲスのジャブがカウンターで決まり、ガバリョがふらつく。

2R

ガバリョが攻めるロドリゲスはデフェンシブに戦いながら迎え撃つ、カウンター狙い?ガバリョのラウンド

3R

ガバリョが攻勢をかけるが、ロドリゲスのデフェンスが上手く当たらない、しかし見栄えでガバリョのラウンド。

4R

ロドリゲスのライトクロスが炸裂!しかしロドリゲスはガバリョのパンチを警戒しているのか?攻めない。

5R

ロドリゲスのカウンターを警戒して、ガバリョは攻めれない、ロドリゲスが手数少ないも要所で攻める。

6R

ガバリョがボディを狙って攻める、クリーンヒットは少ないが印象が良い。ロドリゲスも迎え撃っているが消極的な感じで見栄えが悪い。

7R

ガバリョが攻め、ロドリゲスが迎え撃つ展開、ロドリゲスは消極的な感じで見栄えが悪い。

8R

ガバリョのパンチが何度かヒット、ロドリゲスのパンチも当たるがガバリョは下がらない。

9R

ガバリョがブンブン攻めるが、ロドリゲスのクリーンヒット多い。

10R

開始早々、ロドリゲスの左のカウンターでガバリョの足元が揺れる。チャンスだがまたしてもロドリゲスは攻めない。

11R

ロドリゲスのカウンターが冴える、ガバリョはダメージが感じられる。

12R

最終ラウンド、ガバリョが積極的に前に出て攻めるが、ロドリゲスには当たらない、手数は少ないがロドリゲスはクリーンヒットしている。

公式スコアカード

エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ スコアカード

エマヌエル・ロドリゲスVSレイマート・ガバリョ スコアカード

116-112
110-118
115-113
2-1の判定で
レイマート・ガバリョの
判定勝ち

いごっそう612
なかなか難しい試合でした。
クリンチが無く、クリーンファイトの良い試合でした。

試合動画

いごっそう612
疑惑の判定と言われ、エマヌエル・ロドリゲスが再戦を希望していることから、再戦はあるかもしれませんね。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事