井上尚弥VSポール・バトラー 試合結果速報
井上尚弥VSポール・バトラー

WBA・WBC・IBF・WBO
世界バンタム級4団体統一戦

WBC、WBAスーパー、IBF王者
井上尚弥
VS
WBO王者
ポール・バトラー

井上尚弥VSポール・バトラー

井上尚弥VSポール・バトラー

 

試合結果は
井上尚弥の11回TKO勝ち

WBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級井上尚弥(29=大橋)が史上9人目の4団体王座統一に成功した。WBO世界同級王者ポール・バトラー(34=英国)との4団体王座統一戦に臨み、11回1分9秒、TKO勝ち。世界ベルト4本をまとめる日本初、アジア初、バンタム級初の快挙を成し遂げた。なおWBA王座8度目防衛(IBF6度目、WBC初)となり、WBO世界スーパーフライ級王者時代の7度を抜き、自己最多防衛となった。

 

いごっそう612
圧倒的な強さでした。

 

WBA・WBC・IBF王者
井上 尚弥
The Monster
身長165cm リーチ171cm
プロ戦績:23勝(20KO)無敗
世界戦績:18勝(16KO)無敗

WBO王者
ポール・バトラー
Baby Faced Assassin
身長168cm リーチ165cm
プロ戦績:34勝(15KO)2敗
世界戦績:2勝(0KO)2敗

 

試合展開は、バトラーがアウトボックスで井上の打ち終わりにパンチを打ち込んで行く、しかし‥井上尚弥とはパワースピードに差があり、ジャブで徐々に削っていくつもりの井上のパンチを、比較的早い回に強打をもらい、その後パンチまとめられてストップとなるのではないでしょうか?特にボディブローがさく裂しそうな予感がします。

 

両者の最近の試合動画です。

 

 

元K-1王者・武居由樹は11回TKOで東洋太平洋王座初防衛に成功しました。

しかし…接近戦を挑んでくる相手に苦戦し、穴を感じさせる試合でした。

平岡アンディは8回TKOで問題なく勝利。

 

ちなみに無料で視聴するにはdTVのお試しに加入し、視聴後に解約すれば無料で観えます。

広告

井上尚弥 VS ポール・バトラー

井上バトラー
1R109
2R109
3R109
4R109
5R109
6R109
7R109
8R109
9R109
10R109
11RTKO
12R
合計

いごっそう612の採点です。

1R

小刻みに動くバトラー、井上尚弥はどっしり構えてプレッシャーをかける。ジャブで威嚇、パンチもまとめる。パンチめちゃ速い!バトラーガード上手いが手が出ない。一方的に井上が攻め続けた。

2R

プレッシャーをかける井上、再々ロープにつめ連打をまとめる。バトラーは足を使って逃げまくる。バトラーもスピードあるが手が出ない。

3R

コーナーでガードの上からブンブン打ち込む井上、バトラーは全然手が出ない…。中盤あたりからバトラーも反撃、いいぞ~。井上の打ち終わりにパンチを返す。しかし‥ポイントは井上。

4R

井上がどっしりからリズムを取りながら攻撃、バトラーは井上の打ち終わり待ちで反撃。ガードの上からも井上が強打を決めた。

5R

井上はジャブ中心で攻めだした。バトラーはそれでもディフェンス中心でたまに手を出すだけ、これは倒しずらい。

6R

バトラーの亀戦法に嫌気がさしたのか?色々と手を変え品を変え攻める井上。バトラーは倒されないことだけに軸を置いているように見える。手を出さない。

7R

ノーガードで挑発する井上にも攻めないバトラー…。井上が自らロープに詰まって誘ったりとするもバトラーはディフェンス思考。

8R

手を後ろに回したりとバトラーに手を出さそうとするも、バトラーはガード一辺倒…。足も止めずに逃げまくる。

9R

バトラー足を使いながらのガードで井上のパンチをうまく殺し逃げまくることに成功。手は全然出さない。井上のポイントは明白。

10R

バトラーホンマ足が止まらん。井上も攻めるが倒すには至らず。ボディはちょっと効いてるようなきも‥

11R

めちゃくちゃ攻めて右ボディから左フック、そして強烈なボディブローからさらに連打をまとめてついに倒す。なかなか立ち上がれず、レフリーがストップした。

 

無料で視聴するにはdTVのお試しに加入し、視聴後に解約すれば無料で観えます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事