「那須川天心に勝ったら1000万円」やっぱりテーパリット・ジョージムか‥中村優也の告発に疑問!
那須川天心にかったら1000万

「那須川天心に勝ったら1000万円」の3次審査の結果、最終審査5月1日に行われる「ボクシング経験者トーナメント」、「異種格闘技トーナメント」へ進むメンバーが発表されました。

那須川天心の挑戦者トーナメント

イーファイトより引用画像

 

「ボクシング経験者」部門の出場者は、元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ジョージム(30、タイ※世界王者時代はゴーキャットジムのリングネーム)、2000年の西日本新人王の村井勇希(39)、世界挑戦経験のある戎岡淳一(38)、プロ経験はないが同志社大ボクシング部出身で、現在大阪のアマチュアジム「天満橋ボクシングジム」会長の藤崎美樹(29)の4人に決まり、まったく面白みもないメンバーとなりました。

 

戎岡淳一、村井勇希は実績はありますが、那須川天心より下の階級の引退したオッサンボクサー…。

テーパリット・ジョージムは、元世界王者ですが‥現在ではボっちゃとしたおデブになっており、現役時代の面影はありません。現役時代は那須川天心より下の階級のボクサー。

藤崎美樹は、元アマの選手で高校時代の戦績19戦9勝7敗という平凡な戦績、2011年の全日本シニア男子バンタム級4位ですが、シニアで、2011年ですからね…。この中では一番実績は低いでしょう。もちろん那須川天心より下の階級のボクサーです。

いごっそう612
那須川天心…メイウェザーとやったときに、あれほど階級差を訴えたのに‥自分は良いのかよ💦

 

まあ、ほんと安パイばっかり集めたよなあ~という感じ‥

この中では、元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ジョージム(30、タイ※世界王者時代はゴーキャットジムのリングネーム)が一番実績ありますけど、今の身体では那須川天心のスピードに対応できずKO負けでしょう。しかも、タイ人ですからね‥運営側が裏で買収し八百長もあり得ないとはいえません。

実際ボクシングの世界では、一時期タイ人が日本に来てかませ犬になる事が問題となっていた時期もあります。

まあ、そんな事をしなくても、今のテーパリット・ジョージムなら那須川天心は十分倒せるでしょう。

 

正直‥この選考は予想通り過ぎてガッカリです‥やっぱりなあ~という感じ💦

 

話題にはなっていますが、那須川天心はこれで良いのでしょうか?

これでは、ボクシング界に借りを返したとは絶対に言えません。

中村優也の“怒りの告発”に疑問

話題のフリーランスボクサー中村優也が選外となり、“怒りの告発”をしていますが、僕はこの告発に疑問を覚えました。

 

その内容に、3次審査として行われた1ラウンドのスパーリングで、59キロでオーディションに挑んだ中村が、69.5キロもあった元世界王者のテーパリットとスパーをやらされたこと…。

中村本人は

「天心とメイウェザーの試合を見ればわかりますよね? 階級制のスポーツであるボクシングにおいて、ここまでの体重差があることは危険なんです。ボクシングのジムで10キロ差のある相手とのスパーリングなんか絶対にありえません。しかもテーパリットは元世界王者です。こんなんでほんまにやらせるん?って、正直、怖かった」

と語っていますが。

いごっそう612
何言っちゃってんだ?

 

と言いたい!

 

"ボクシングのジムで10キロ差のある相手とのスパーリングなんか絶対にありえません。"と言ってますが、僕は現役時代やってました。地方ボクサーである為、スパーリングパートナーにも困窮しており、アマでしたがミドルで日本3位になった人とやりました。

確かにパンチは重い!ブロック越しでもダメージを受けますし、飛ばされました。しかし、階級が軽い分スピードはこちらに分があります。冷静にカウンターを合わせれば十分に戦えました。

 

中村がスパーでやられたのは、単純に力不足です。テーパリットの方が上手くて強かったってだけです。

しかも1Rでしょ?10Rならわかりますが、1Rで階級差ばかりを訴えるのは、ちょっと違うかなぁ~。

これで、那須川天心が10キロ重いテーパリットをKOしたら、どうするんでしょうね?

 

もともと、公式なボクシングの試合ではなのだから、これぐらいの事は覚悟しておかねばならないのでは?

何とも考えが甘い‥。

中村優也自身の価値を下げてしまう告発だったのでは?と思います。

いごっそう612
海外でフリーランスとして戦う姿勢をみて凄いと思っていただけに、今回の告発はガッカリ…。名前を売りたいだけか…と残念でした。

「異種格闘技」部門に青木真也が出る?

そうそう、「ボクシング経験者」意外に「異種格闘技」部門があります。

その挑戦者の1人として総合格闘技「ONE」の世界ライト級王者・青木真也(35=イヴォルブMMA)の参戦が決定しております。

青木真也

青木真也

 

出場にあたって青木真也は

「那須川天心は凄いよね。触ってみたいというか。勝算?ボクシングにおいてボクシングをしないかということではありますよね。ダーティにやるしかない。底が丸見えの底なし沼に引き摺り込むしかないですよね。那須川さんに付き合ってもらうしかないです」

とコメントしています。

いごっそう612
いきなり寝技を仕掛けたりして…(笑)

かつて問題児として名をはせた青木真也だけに何かやってくれるのか?と面白いですね。

しかし、ボクシングなら勝負にならないでしょうね。ボクシング経験者のメンバーが面白み長いので、話題作りだけかも知れません。

 

「ボクシング」「異種格闘技」それぞれの部門トーナメントはAbemaTVで生中継され『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円 令和初日の真剣バトル!天心挑戦者決定トーナメント生中継』として5月1日(水)夜6時~深夜0時まで放送されます。

いごっそう612
話題性だけは凄いよね、AbemaTVの戦略はリスペクトできないけど、稼げるんだろうなあ~。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事