田中恒成vs田口良一
ベースボール・マガジン社

田中恒成VS田口良一の試合がめっちゃ楽しみです。

2019年3月16日(土)に、岐阜メモリアルセンターで愛ドームで行われるWBO世界フライ級タイトルマッチ!

世界最速タイの12戦目での3階級制覇を達成した王者田中恒成が、初防衛戦で元Lフライ級統一王者の田口良一と対戦するのです。

田中恒成田口良一
本名: 田中 恒成
生年月日: 1995年6月15日(23歳)
身長: 164.7cm
リーチ164cm

国籍:日本
スタイル:右ボクサーファイター
戦績:12戦12勝(7KO)
本名:田口良一
生年月日: 1986年12月1日(32歳)
身長:167.3cm
リーチ:172cm

国籍:日本
スタイル:右ボクサーファイター
戦績:32戦27勝(12KO)3敗2分

田中 恒成は、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に並ぶ世界最速タイ12戦目での3階級制覇を達成した怪物。

 

井上尚弥というスーパーモンスターの陰に隠れているが、井上がいなかったら間違いなく彼にスポットが当たっていた事だろう。

3階級制覇を達成した木村翔戦は、2018年の男子年間最高試合賞(日本)にも選ばれている。

いごっそう612
日本の至宝と言っても過言では無いですね。

 

ハンドスピードは世界トップレベル!足も速く、バックステップ、サイドステップを駆使したステップワークは華麗です。

センスのあるボクシングで、コンビネーションも多彩。

線の弱さを感じ、打ち合いになると弱いと思ってましたが‥木村翔戦でそのイメージを払拭!あの試合で一皮むけた印象があります。

対する田口良一は‥田中 恒成と真逆の印象があります。

叩き上げのベテラン選手です。

彼が名前を売ったのは、井上尚弥との日本ライトフライ級タイトルマッチ!モンスター井上が何ラウンドで倒すのか?に注目が集まった試合で根性を見せ判定までもつれ込んでいます。

井上に強打もヒットさせるなど見せ場も作り、92-98、93-98、94-97と3-0の判定でありながらも、井上を苦しめた事で注目を集めました。

 

田口良一のボクシングは、スピードがあるわけでも無く、パンチがあるわけでも無い…

とにかくやりにくさ

 

パンチを打たれたら必ず返してくるし、長身でありながら接近戦でしつこく攻めてきます。

相手の持ち味を殺し、地味に自分のペースに持ってくる…アリ地獄の様なボクシング…。

とにかく気持ちが強いんですね。粘り強いボクサーです。

いごっそう612
戦ったらめちゃくちゃ、やりにくそう‥

田中恒成VS田口良一 :試合予想

田中恒成VS田口良一 どっちが勝つか?予想をするなら…

 

田中恒成の判定勝ちを予想します。

いごっそう612
田中のTKOもあるかも?

 

田口良一の頑張りに期待したいところですが、田中恒成の充実ぶりを考えれば、田口良一が勝つのは難しいと思います。

減量苦から解放された田口ですが、木村翔並みのパワーを出せるとは思えません💦

田中恒成のアウトボクシングが冴え、田口も粘るがポイントを奪還するに至らず、田中が判定勝ちを拾うでしょう。

 

田口の戦略は、井上尚弥戦の時の様な戦い方をすると思われます。ガードを固めて前進、接近戦し手数を出し押し込む。

田中もスピードを生かしアウトボックス、接近戦になったら手数を出し要所要所で打ち合い挑むでしょう。

 

両者白熱したいい試合になりそうですが、ピークを過ぎた田口がどこまでコンディションをベストに持ってくるかが、ポイントとなりそうです。田口のコンディションがベストなら‥マジで面白い試合になるでしょう!

いごっそう612
いい試合になりそうな予感がします。楽しみです。

 

勝敗予想アンケートも実施していますのでよろしくお願いいたします。

WBO世界フライ級タイトルマッチ12回戦、田中恒成VS田口良一は、2019年3月16日にゴングです!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事