マニー・パッキャオVSエイドリアン・ブローナー

日本時間の2019年1月20日に、マニー・パッキャオVSエイドリアン・ブローナーのWBA世界ウェルター級タイトルマッチが行われます。

6階級制覇の40歳"パックマン"マニー・パッキャオが、4階級制覇の"ザ・プロブレム(問題を起こす男)"エイドリアン・ブローナーと激突します!

マニー・パッキャオadrien-broner
本名:エマヌエル・ダピドゥラン・パッキャオ
生年月日:1978年12月17日(40歳)
身長:166センチ
リーチ:170センチ

国籍:フィリピン
スタイル:サウスポー
戦績:69戦60勝(39KO)7敗2分
本名:エイドリアン・ジェロム・ブローナー
生年月日:1989年7月28日(29歳)
身長:168センチ
リーチ:175センチ

国籍:アメリカ
スタイル:オーソドックス
戦績:38戦33勝(24KO)3敗1分1無効試合

ご存じアジアの英雄パッキャは、昨年7月にルーカス・マティセ(アルゼンチン)に7回TKO勝ちを収め復帰しました。

その出来栄えは素晴らしく、とても40歳とは思えないシャープな動きでマティセに対して圧勝でした。

いごっそう612
あのアッパーはヤバい!

 

ウエルター級ではハードヒッターとまでは行かないかも知れませんが、高速連打を主体に十分相手を倒す力を持っています。

衰え知らずのスタミナに高速連打、まだまだ伝説を作りそうです。

フィリピンで政治活動(10年~フィリピンの下院議員、16年~上院議員)をしながらリングに上がり続ける超人です。

 

対するエイドリアン・ブローナーですがかつては「メイウェザーの後継者」と言われたほどの実力者です。

強盗事件にかかわって身柄を拘束されたり、飲酒運転で収監されたり、過去の交通トラブルが原因で逮捕されるなど…

「ザ・プロブレム(問題を起こす男)」のニックネーム通りの選手でもあります💧

 

L字ガードや、ガードをがっちり上げたり、その体勢からスピードあるカウンターから、多彩なパンチを打ち込むスタイル。

全盛期はマジで強いと思いましたね。

しかし、最近は試合すらあまりしてないです。去年唯一のジェシー・バルガス戦は、相手が強かったのもありちょっと消化不良。

パッキャオの高速パンチにカウンターを合わせれるのか?

いごっそう612
そんなに盛り上がる試合になりそうにないなあ‥

試合2週間前の時点でオッズ5対2でパッキャオ有利と出ています。

サウスポーのパッキャオが上体を振りつつプレッシャーをかけ、ブローナーがそれをカウンターで迎え撃つパターンとなるでしょう。

キーポイントはブローナーのカウンターです。カウンターを当て、パッキャオに接近されたらもみ合いに持ち込み打たせない。

それができるかです。

パッキャオには、仮想メイウェザーとしてうってつけの相手です。

ブローナーのカウンターをかいくぐり、連打を当てることができればKOで勝利もあるでしょう。

僕の予想は、けっこうドロドロの判定決着。

いごっそう612
中差でパッキャオの判定勝ちを予想します。

 

当サイトでは、試合当日リアルタイムで更新し、試合結果を速報でお伝えしていきます

マニー・パッキャオVSエイドリアン・ブローナー

パッキャオブローナー
1R109
2R109
3R109
4R910
5R109
6R109
7R109
8R109
9R109
10R910
11R910
12R109
合計117111

いごっそう612の採点です。

入場

フィリピン国歌とアメリカ国歌が流れた後に入場開始です。

まずはエイドリアン・ブローナーの入場です。あの蓄えていた髭を剃って綺麗になっています。

ド派手な入場~金かかってるなあ。

やはり度胸があるんでしょう、ノリに乗田感じで落ち着いている感じがします。

続いてマニー・パッキャオの入場です。

落ち着いてますね~。調子もよさそうです!

1R

パッキャオ前に出ます。ブローナーはクリンチで逃れる。ブローナーはカウンター狙いか?クリーンヒットは無い物の、攻勢でパッキャオのポイント。

2R

パッキャオがより前に出ます。ブローナーはL字ガードで対応、相変わらずカウンター狙い。二人ともスピードがあって調子良いですね。パッキャオが連打で攻めるシーンが印象的。

3R

パッキャオの圧力が強い、ブローナーはカウンターを狙うが空転が多い、パッキャオが攻めるシーンが多い。

4R

ブローナーが迎撃のスピードを上げる、パッキャオが入れなくなっている。ブローナースピードあるなあ~。

5R

ブローナーが完全にカウンター狙い、でもパッキャオも読んでいる。パッキャオが深く入れないので、お互いパンチが当たりにくい。攻勢点でパッキャオ。

6R

パッキャオが攻め、ブローナーがカウンター。パッキャオのパンチもブローナーのパンチも少しづつ当たってきている。微妙なラウンド。

7R

パッキャオが連打で詰め、ブローナーが効いたシーンを作る。ブローナー必死のクリンチでラウンド終了。

8R

先のラウンドの連打で疲れたのか、パッキャオ手数が少ない。盛り上がりの少ないラウンド、どちらとも言えないなあ。

9R

ブローナーの左フックと同時で、パッキャオの左がヒット、ブローナー吹っ飛ぶ、攻めるパッキャオだが、ゴング終了。

10R

ブローナーが足を使ってアウトボックス、浅いがけっこうカウンターでパンチがヒットする。ブローナーが攻めて行くシーンは無いんかな?

11R

足を使うブローナー、序盤からこの戦い方をすれば良かったのでは?パッキャオ空転、単発だがブローナーのパンチが入る。

12R

足を使うブローナーをパッキャオはとらえきれない、しかしブローナーもパンチを当てれない。最後は逃げるブローナーをパッキャオが追うところで終了。

パッキャオVSブローナー試合結果・公式採点

結果は‥
パッキャオの判定勝ちです

117-111

116-112

116-112

3-0でパッキャオの判定勝ち。

ブローナーが最後まで攻め無い為に、盛り上がりに欠ける試合となりました。

ブローナーは、試合後のコメントで「俺が勝った」と言ってブーイング(笑)

終了後に、アナウンサーがパッキャオに対し、メイウェザーとの対戦の事を、本人を前に話して盛り上がりました!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事