そんな夢を持っていたけど、諦めた方も多いんじゃないでしょうか?

でも諦めるにはまだ早い!

ジャンルを選ばずに、プロスポーツ選手になるという事だけ考えらばその夢はかないます!

 

一体どういうことなのか?

それはですね、プロになるのにハードルが低いスポーツがあるからです。

それはズバリ…

ボクシングです!!

ボクシング

ボクシング

いやいやいや、それがけっこうハードル低いんですよ。

最短で3か月でプロになれちゃう。

ちょっと説明していきます。

プロボクサーのハードルは低い

実はですね、プロボクサーになるのは案外簡単なんですよ。

プロのスポーツ選手と言えば、アマの中で選ばれた者だけがなれるというイメージが強いでしょう。

実際、野球やサッカーなどがそうですよね。

でもね、ボクシングはそんな事はありません。普通の一般ピープルがプロになれちゃう事だってありえるのです。

一体どういうことなのか?

まずボクシングのプロになるための条件を見ていきましょう。

ボクシングのプロになるための条件?
プロのボクシングジム(日本プロボクシング協会加盟ジム)に所属する
日本ボクシングコミッション(JBC)のプロテストを受けてライセンスを取得する

上記の二つです。

いごっそう612
簡単でしょ?

 

プロのジムに入って、ライセンス取れば良いだけなんです。

まあ、これだけ書いても意味わからんだろうから、もっと詳しく書いていきます。

ボクシング人口の減少

僕がボクシングをやっていた時代は、3630人ものプロボクサーがいました。

しかし、年々減少を続け…

2016年には2306人となってしまいました。

もちろん、それに伴いプロボクシングの受験者も減少しています。

ボクシング人口の減少には、日本プロボクシング協会も頭を悩ませているでしょうから、プロテストのハードルは現在は下がって来てると言えるでしょう。

いごっそう612
今がチャンス!

ボクシングは4回戦というプロの登竜門がある

ハードルが下がったとは言え、プロのボクサーってめっちゃ強くならないとなれないんでしょ?

そう思う人もいるかも知れません。

ハッキリ言いましょう…

普通にボクシングできればプロになれます。

 

TVで放送されるボクサーは、世界クラスのプロボクサーばかりです。

ボクシング ボディブロー

でも、実際のプロボクサーのほとんどが4回戦ボーイなのです。

 

4回戦ボーイって何?って方に説明します。

プロボクサーになると、まず4回戦というランクに所属します。

4回戦は最下層、4R以下の戦いを許された者たちです。

ファイトマネーは6万円、全額チケット払いだったり、そうで無くとも‥そこから引かれたりして3.4万が手元に残るかな?

 

この4回戦ボーイになるのは案外簡単なんですよ、しかし‥ここからが難しい。

6回戦⇒8回戦⇒10回戦とか上がっていくわけですが、6回戦に上がるのも壁があって(4回戦で4勝)、8回戦に上がるのも壁があります。(6回戦で2勝以上)

8回戦まできたら、A級ライセンスになります。ちなみに6回戦はB級ライセンス、4回戦はC級ライセンスです。

 

まあ、実際プロボクサーと胸を張って言えるのは、A級だけでしょうね。

そして、そのA級前のB級に上がるのも難しいのです。

ほとんどの選手がこの4回戦で消えていきます。

 

逆にここを抜けて、6回戦まで行った選手はほとんどが、8回戦以上のA級まで昇格します。

4回戦はプロボクシングの登竜門です。

 

4回戦の試合を見ると、全然練習してない奴とかもいます。

一般ピープルとボクシングしても負ける奴もいるかも?

わずか4Rのスタミナも持ち合わせていない奴も多いです。

1Rでスタミナ切れしちゃう奴とかも、地方のボクサーにはたくさんいます。

でも、4回戦ボーイといえど、プロというのには間違いないです。

4回戦でも、プロボクサー‥プロのスポーツ選手なのです!

ボクシングのプロライセンスを取るまで

では、4回戦になるための説明をしていきましょう。

まず、日本プロボクシング協会に加盟しているジムに入ります。

けっこうアマチュア専門とか、体力増進やダイエットだけのジムが多いので要注意してください。

 

ジムに入り、ジムのトレーナー、会長に

プロボクサーになりたい!!

と伝えましょう。

それから、基礎⇒基本⇒練習⇒実践と言う様な練習になります。

それができて初めてプロテストです。

 

1年間あったら、それなりにプロになるための猶予はあります。

じっくり練習する事が出来ます。

スタミナ、ディフェンス技術、オフェンス技術、スパーリングと段階をおってできます。

やはり命がかかった危険なスポーツですから、1年は練習したいところです。

でも、真面目に練習したらプロになれるなんて凄くないですか?

最低でも週5回はジムに行きましょう。

 

しかし、どうしてもすぐプロになりたい方は、努力すれば3か月ほどでプロになる事ができます。

いごっそう612
※僕は、3か月でプロテスト受けることは危険と思います。

 

しかし、それには条件があります。

ある程度‥身体ができている事!!

野球部出身者とかは、初めから身体がある程度できている方多いですね。

教える方も楽です。

そして、死ぬほど努力する事!!

3か月間地獄の様なトレーニングを積んで下さい。

 

その2つをクリアしたなら、徹底的にスタミナを付けましょう!

4回戦になるために一番必要なのは、スタミナです。

 

スタミナなら3か月で鍛え上げれます。

ただ、走るスタミナでは無く‥殴るスタミナなのでサンドバックやスパーリングで鍛えましょう。

プロテストはわずか2Rです。

ぶっちゃけ2R打ちまくれるスタミナあったら、高確率でなれます。

ガード固めて、接近して打ちまくったら良い。

それができるなら、技術で勝る相手にも勝つことができます。

 

基礎を習ったら、ひたすらスパーリングして鍛えたら良いです。

スパーリングでコツをつかみましょう。

そうすればパンチが当たるか、どうすればパンチをもらわないか?

 

ただ、こればっかしは‥トレーナーの判断もありますからね。

所属するジムのトレーナーからGOサインが出なければ、スパーリングはできません💧

そうなったら、自分の努力が足りないと思いましょう。

 

ボクシングは命をかけたスポーツです。

自分は死なないと思っていても、案外死にます。

スパーリングをやる前には、しっかりディフェンス基本はマスターしときましょう。

 

上記の条件をクリアして、テストに挑めるようになったとしても

があります。

プロテストのスパー相手が、めっちゃ強いやつなら運が無かったと諦めましょう。

でも、テストは年に何回もあります。条件を満たしている人が何回も挑めば、そのうち受かります。

まとめ

難しそう…と思う人もいるかも知れませんが…

真面目に練習して、普通にボクシングできたら

プロになれるんですよ?

 

そりゃ、プロスポーツ選手になるんだから努力も必要です!

簡単な事では無いでしょう。

でも!

こんなにハードル低いプロスポーツ選手は他に無いですって!

日本ランカーやチャンピオンにならなくても良いんです。

4回戦ボーイになれば良いんです!

 

ただ…ボクシングをする事は

いごっそう612
めっちゃ痛いし、怖い!死ぬかもしれない

そういうリスクがある事は、理解しておいてください。

 

でも、僕はやって良かったと思っています。

数年間必死で生きたという思い出が残りました。

プロスポーツ選手の夢を持って諦めた方は、1年間必死に挑戦してみてはどうでしょう?

努力すれば4回戦ボーイ(プロスポーツ選手)になれるかも?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事