エロール・スペンス VS ショーン・ポーター
エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

エロール・スペンス・ジュニア VS ショーン・ポーター

IBF王者エロール・スペンス・ジュニアと、WBC王者ショーン・ポーターIBF・WBC世界ウェルター級統一戦です。(2019年9月29日アメリカ・カルフォルニア州ステイプルズ・センターで開催)。

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

いごっそう612
スペンスが有利でしょうが、ポーターも侮れない相手‥結果はどうなるのか?

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

スペンスポーター
1R910
2R109
3R109
4R910
5R109
6R109
7R910
8R109
9R109
 10R910
11R108
12R109
116111

いごっそう612の採点です。

1R

足を前後に動かし、行くぞ行くぞとプレッシャーをかけるポーターに対し、スペンスはスタンスを広くどっしりと構え待ち構える体制、フットワークを使いながら、一気に踏み込んでくるポーターにスペンスはやりにくそう、後半はスペンスが前に出る、両者クリーン人なしだが、前半のポーターの攻めをとってポーターのラウンド。

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター

2R

序盤からスペンスが前に出る、ポーターは踏み込んで一気に連打を打ってくるが、見た目は派手だが空転多し、逆にスペンスは見た目地味だが、クリーンヒット多し、バランスを崩したり、ラスト攻め込まれたりで、スペンスの印象は悪く採点は割れそうだが、クリーンヒットの多い、スペンスのラウンド。

3R

スペンスはじりじりとプレッシャーをかける、ポーターは一気呵成に攻めてくる、空振りしてもお構いなしにガンガン来る、見た目の印象は良いが、スペンスは外してるしパンチは浅いが当たっている。スペンスのラウンド。

4R

ポーター一気呵成!スペンスはガードを固めるもポーターはお構いなしに打ち込む、ブロックの合間から被弾もあり、スペンスも打ち返しポーター被弾するが、手数の多さ、前半の攻めでポーターのラウンド。

5R

このラウンドはスペンスが上手い、ポーターの突進を上手く捌き、カウンターもヒット、しかしポーターはガンガン攻めてくる。スペンスのラウンド。

6R

スペンスが何とか自分距離で戦おうと四苦八苦している。しかしポーターの巻き込まれ接近戦に、頭も当たりスペンスやりにくそうだが、有効打はスペンス。

7R

ポーターが圧力をかける手数が凄い、スペンスも接近戦で応戦、ポーターの手数が印象的。

8R

ポーター攻めるが、スペンスが防ぎ、合間にカウンターをヒットさせている。ポータースタミナ凄いな‥。

9R

スペンスが左の強打を狙っている、ポーターの出鼻に左ストレート強打で捻じ込む、ポータも攻めるがスペンスも負けじと手数でも応戦。乱打戦に!

10R

ポータの手数が復活!スペンスが乱打戦に巻き込まれる。ポーターの手数が印象的。

11R

ポーターの驚異のスタミナで連打で攻める、ポーターに流れが来たか?しかし、スペンスのカウンターの左フックでポーターがダウン!これは痛い!その後も果敢に攻めるがダウンがあるので10-8でスペンスのラウンド。

12R

スペンスが倒しに来た、ポーターも応戦、打ち合いに、スペンスの手数も衰えず、ポーターに疲労の色が見える。スペンスのラウンド。

 

公式採点結果

エロール・スペンス VS ショーン・ポーター 結果は…
116-111
116-111
112-115
2-1でエロール・スペンスの判定勝ちです。

11Rのダウンが無ければ、試合はどうなっていたか分からなかった‥。そんな思いを抱いた試合でした。

いごっそう612
スペンスは苦戦したけど、やはり強かったですね。しかし弱点も露呈したような気がします。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事