日本時間の2018年12月2日にヘビー級注目の一戦があります!

現WBC王者、40戦全勝39KOのデオンテイ・ワイルダーと、元3団体統一ヘビー級王者、27戦27勝(19KO)のタイソン・フューリーの無敗同士の2メートル超えの巨人対決が行われるのです。

デオンテイ・ワイルダータイソン・フューリー
本名:デオンテイ・レシュフン・ワイルダー
生年月日:1985年10月22日(33歳)
通称:The Bronze Bomber(銅の爆撃機)
身長:201cm
リーチ:211cm
国籍:アメリカ合衆国
スタイル:オーソドックス
戦績:40戦40勝39KO
本名:タイソン・ルーク・フューリー
生年月日:1988年8月12日(30歳)
通称:Gypsy King、The Furious One(激怒する奴)
身長:206cm
リーチ:216cm
国籍:イギリス
スタイル:スイッチヒッター
戦績:27戦27勝(19KO)

ワイルダーは40戦全勝でありながらKO率も98%というモンスター王者!

アメリカンフットボール仕込みの驚異の身体能力でのハードパンチを武器にKO勝利の山を築き上げている。

歴史に残るスーパー王者として名前を残しそうな逸材!

 

そして、挑戦者のタイソン・フューリーは、ヘビー級の帝王ウラディミール・クリチコを破ったイギリスのボクサー、元3団体統一世界ヘビー級王者でこちらも27戦全勝の無敗です。

ドーピング問題の後、今年の6月に2年7カ月ぶりの復帰戦をKO勝利で飾り復帰。

準備不足が否めないフューリーだが、知能は技巧派であり、侮れない相手です。

しかも体重が約20キロほどワイルダーより重いのです。

当サイトでは、試合当日リアルタイムで更新し、試合結果を速報でお伝えしていきます。

デオンティ・ワイルダーVSタイソン・フューリー

 

デオンティ・ワイルダータイソン・フューリー
1R910
2R109
3R109
4R109
5R109
6R910
7R910
8R910
9R108
10R910
11R910
12R108
採点結果114112

僕の採点ならワイルダーの勝利。

入場
先にタイソン・フューリーが入場、ブーイングに包まれる。少し硬いかなと思ったけど落ち着いている様子。トレーナーはフレディ・ローチ、セコンドにリッキー・ハットン!これはみっちり対策してきたな~。

続いてデオンティ・ワイルダーが入場、ロック歌手の歌声と共に入場!豪華なマスクに王者の冠、雰囲気あります。マスクで表情は見えませんが落ち着いている感じがします。

1R
細かくフェイントを振るフューリー、前に出るのはワイルダー、フューリーのジャブが上手い、ワイルダーのうち終わりにフューリーがパンチをヒット。

2R
ワイルダーも落ち着いて攻撃、フェーリーもジャブが良い。どちらとも言えない展開ですが、ワイルダーがラストに攻め印象的。

3R

ワイルダーがしっかりガードを固めて攻める。フューリーが徐々に押されだした。ただ動きは悪く無い。

4R
お互い有効だ無いが、前にでるワイルダーが有利に見える。

5R
お互い有効だ無いが、前にでるワイルダーが有利に見える。フューリー手数が少ない。

6R
5分5分の展開、フューリーも手数を出す。けっこうジャブが当たっている。

7R
フューリーのワンツーがヒット、ワイルダー攻めるが空転、フェーリーのデフェンスが光る。
8R
フェーリーのデフェンスが良い、ワイルダー手数も減少!
9R
ワイルダーの連打でフェーリーがダウン!こめかみに右が当たった。ダメージはそれほど無い様に見える。ワイルダーはスタミナ切れ?
10R
ワイルダースタミナ切れの様相…フィーリーのワンツーがヒットする。
11R
ワイルダーがスタミナを振り絞って攻める、しかし空転…
12R
ワイルダーの右から左フックがクリーンヒット!フューリーが痛恨のダウン!ワイルダーが攻めるがしのぎ回復、フューリーが後半は攻める。最終ラウンドは面白い!

 

試合結果・公式採点

115-111(ワイルダー)

110-114(フィーリー)

113-113

試合結果はドロー(引き分け)です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事